Posted on and Updated on

私は男性の脱毛肯定派!

清潔な女性
男は必要ない毛を脱毛するべきではないと思っていました。

必要ない毛は男らしさのシンボルでもあります。

だからいちいち必要ない毛を脱毛するのは必須ではない考えていたのです。
けれどもそう思っていたのは過去の私です。

私は現在、男の脱毛は肯定派なのです。

私が男性の脱毛に肯定するようになったのには要因があります。

前に付き合っていた男性の必要ない毛にドン引きしたからでした。

彼はすごく必要ない毛が多々ある人で、私の前でも恥ずかしがらずに必要ない毛をさらけ出していました。

ただしその必要ない毛の量が想像以上にすごくって、次第にと彼がむさくるしく見えてくるようになりました。

そしたら彼を好きな心情がどんどん薄れていて、想いが冷めていくのを感じました。

こうして私は男の必要ない毛もわりとキモイと思うようになって行ったのです。

必要ない毛が気に掛かると加えてそのキモイという心の内が強くなって、男性の必要ない毛は男らしさの象徴というより、男のむさくるしさの象徴という想いがしました。

こうして私は現在のように脱毛賛成派になったのです。

必要ない毛は女も男も少ない方がいいです。

そっちの方が常に見ていて心情がいいのです。

脱毛は女のみならず男性もやるべきです。

少しばかり男性には高いかもしれないけど、そこまでしても脱毛するニュアンスはあるのではないでしょうか。

私は実のところに必要ない毛が多々ある元彼を「キモイ」と思ったのがきっかけで脱毛賛成派になりました。

それ以来彼氏には脱毛を勧めています。